副業にWebライターがおすすめ!スキルアップ・収入の上げ方まで徹底解説

副業

「Webライターで副業、サラリーマンの自分にできる?」

「Webライターって稼げる?」

こんな不安や疑問を持っている人はいませんか?

この記事を読めば、Webライターに必要なスキル、メリット、デメリット、案件の獲得方法が分かります。また、会社で仕事をしながら副業Webライターもしている私が、文字単価0.5円から1.3円に上げるまでに実践したこともお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

Webライターとはどんな職業?

Webライターは、インターネット上で文章を書く人です。雑誌や書籍など紙媒体ではなくWeb上での仕事で、日頃スマホやPCで読んでいる文章のほとんどは、Webライターが書いています。中には専門家や作家本人が書いている文章もありますが、大半はWebライターによるものです。

未経験でもできる?

Webライティングの仕事には、簡単なものから高度なスキルが必要なものまで様々な種類があり、クラウドソーシングサイトで探すと多種多様な案件が募集されています。


アニメやドラマのレビュー・口コミ、提示された体験談を書く案件などライティングスキルを必要としないものから、取材・インタビューが必要な記事、専門知識が必要な記事まで幅広い募集案件をみつけられるでしょう。

ライティングスキルがなくてもできる案件は、単価が安く設定されています。レビュー記事の場合、1件30円程度で募集されているため、100件書いても3000円にしかなりません。それでも実績作りのために多くの人が応募しています。最初はそれでもいいのですが、ある程度実績ができたらスキルアップに注力しましょう。

低単価ライターから抜け出すには、どんなスキルが必要なのでしょうか?次の章で解説していきます。

Webライターに必要なスキル5選

この章では、あなたがWebライターとして身につけるべきスキルのうち特に重要な5つのポイントを紹介していきます。どれも高単価案件を獲得するために必要なスキルです。ぜひ参考にしてみてください。

1.リサーチ力

記事作成をするには、まずリサーチです。キーワード検索で上位表示されたサイトや、関連する本を使って調べます。

Webライティングでは、「リサーチ8割、ライティング2割」が理想とされています。1記事作成にかかる時間が10時間なら、8時間リサーチし2時間で執筆するということです。リサーチは、それほど重要だということです。

1つのサイトだけ読んで執筆することはないでしょう。しかし、2つか3つのサイトに書かれていることをリライトしているだけだとしたら、それは内容の薄い記事になってしまいます。読者が求めている価値を提供できていないなら、その記事は読んでもらえません。

読者に読んでもらえる記事を書くためには、悩んでいるのはどんな人か、その人がどんな問題を抱えているのか、その問題を解決するにはどうすれば良いのか、徹底的にリサーチする必要があります。Webライターにとって、リサーチ力は文章力よりも求められるスキルです。

2.構成力

構成とは、文章全体の枠組みをつくることです。この枠組みをつくらずに文章を書き始めると、途中で脱線してしまい、何が言いたいのか分からない意味不明な文章になってしまいます。そうならないためには、何をどういう順番で書くかを最初に決めておくことが重要です。

分かりやすい構成をつくれれば、その記事は読者にとって理解しやすい記事になります。どんなに有益な内容であっても、構成が悪く意味の分からない部分があると、読者は途中で読むのをやめてしまうため、その記事は何の価値も生み出しません。もったいないことです。

クラウドソーシングで募集されている案件は、構成・見出しまで作成済で記事作成のみというものが大半です。そこで構成までできることをアピールすれば、採用される可能性が高まるでしょう。交渉次第では単価アップができるかも知れません。

3.文章力

Webライティングでいう文章力とは、読者に記事を最初から最後まで読ませる力です。読んでいて分かりやすく、簡潔な文章が求められます。Webライターが作成する記事は、休憩時間や移動中などに読まれることが多いため、長くて難しい文章は最後まで読んでもらえません。

小説や論文とは違い、読者の知りたいことを短い文章で明確に伝える力が必要です。「分かりやすい」の基準は小学生が理解できる表現といわれています。余計な指示語・代名詞を使わない、専門用語を使わない、この2つを守るだけで小学生にも理解できる分かりやすい文章になるでしょう。

4.コミュニケーション力

ライターにコミュニケーション力が必要、と聞くと以外に思う方がいるかも知れませんが、実は大事なスキルです。

インタビュー記事を書くのでなければ、基本的に人と会うことはありません。しかし、メールやチャットなどでクライアントに連絡を取ることは必須です。これも大事なコミュニケーションのひとつですよね。

テキストでのコミュニケーションでは、ビジネスマナーを守ることはもとより、レスポンスを速くすることが最も重要になります。Webライターの中には案件の途中で信不通になってしまう人がいるため、クライアントは1日たっても返信がないと不安になってしまうそうです。

また、執筆中に疑問や質問があった場合、すぐクライアントに質問する人がいますが、自分で調べる習慣をつけましょう。マニュアルに書いていることやググれば分ることを質問するのは、クライアントの時間を奪う行為です。相手の立場に立って考える習慣を身につけるのもコミュニケーションを円滑にする能力だといえます。

5.スケジュール管理力

スケジュール管理は、あらゆる仕事において重要ですが、Webライターにとっても欠かせないスキルです。記事の締め切りに間に合わないことが1回でもあると、クライアントの信用を失い2度と契約してくれないでしょう。特に副業でWebライターをしている場合は、本業との兼ね合いを考えたスケジュール管理をしなくてはなりません。

「本業が忙しくて納期に間に合いませんでした」という言い訳は通用しません。案件を受ける時点で本業とのバランスを考え、依頼を受けたら必ず完成させましょう。前の項目でも言いましたが、信用を失うことはフリーランスの命取りになると自覚してください。「副業だからそこまでは…」と思いますか?厳しいことをいうようですが、そんな甘い考えでは副業で稼ぐことはできないでしょう。

スケジュール管理が適格にできるようになれば、仕事にメリハリをつけられます。本業の繁忙期には本業に集中し、余裕がある時だけ案件を受注するようにしましょう。そうすれば、本業にも副業にも余裕をもって取り組めるようになります。

Webライターを副業にするメリット

Webライターを副業におすすめする1番の理由は、初期費用がほとんどかからないということです。PC1台あればすぐに始められます。もしPCをお持ちでなければ購入する必要がありますが、スペックの低い値段の安いもので十分です。

また、スキル習得に時間がかからないためすぐに収入を得ることができます。Webライティングには様々なジャンルがありましたね。実績つくりのための案件なら、クラウドソーシングですぐに受注することできます。文章術やSEOに関する書籍もamazonや書店にたくさん並んでいるので、何冊か買って読めばある程度のスキルを身に付けられるでしょう。この点が、プログラミングやWebデザインなどと大きく違うポイントです。

Webライターは人と会う必要がないので、完全に在宅でできます。会社にバレずに収入を得るためには最適な副業だといえます。私がこの副業を選んだのも、この理由からでした。また、特別な資格もスキルも必要ないのも魅力です。とはいえ、収入を増やすにはスキルアップする必要があるのですが・・・それについては、別の章でお話しますね。

Webライターのデメリット

Webライターを副業にするメリットがあれば、デメリットもあります。

特別なスキル不要で受けられる案件は、低単価で時間をかけた割りに稼げません。「初心者歓迎」という募集案件では、文字単価0.1円というものあります。1000字書いて100円です。1時間に書ける文字数は、速くても3000字くらいかと思います。時給300円です。スキルアップの努力をしなければ、ずっと低単価案件をこなさなければなりません。

受注した案件が終わればまた、次の案件を探して提案という手順を踏みますが、この間仕事をしていないので報酬が発生しません。継続案件を取れるようになれば、安定した収入が望めますが単発案件ばかりだと収入は不安定です。

初心者歓迎という低単価の単発案件から文字単価1円以上の継続案件を受注できれば、安定した収入が期待できます。副業で稼ぎたい額にもよりますが、月2~3万円くらいなら週22時間稼働でも十分に稼げます。

私もWebライターを始めた当初は文字単価0.5円3000文字の案件でした。仮想通貨関連記事で、1記事書いて1500円です。仮想通貨の知識ゼロだったので、リサーチにメチャクチャ時間がかかり、1記事3000文字書くのに、3日以上かかっていました。この案件の報酬は、13記事で2万円程。かけた時間に対して報酬は低くお小遣い程度にしかなりませんでした。

Webライターが高単価案件を継続して受注するには?

副業するなら月5万円くらいは稼ぎたい、と思う方が多いのではないでしょうか?私もそう考えたひとりです。そこで、スキルアップするために時間を使うことにしました。ネット上には無料の情報があふれいて、上手に利用すれば文章力を上げることもできるでしょう。でも、それではインプットしかできませんでした。習ったことをアウトプットしても、それが正しくできているかどうかわからないのです。

自分では分かりやすい文章を書いたつもりでも、読み手に伝わっていないかもしれません。文章は他人に読んでもらわないと、その良し悪しは分からないのです。

ネットでいろいろ検索しているうちに、記事を添削してくれる講座をみつけました。それが、Writing Hacksです。この講座は、ブログで月収100万円を3年間継続している沖ケイタさんが主宰しています。沖さんは、30人以上のライターを育成した経験があり、沖プロというWebライター集団の代表者でもあります。Writing Hacksの詳細はこちら

Writing Hacksでは、Webライティングの基礎から提案文の書き方、単価アップのための交渉術まで網羅している実践的な講座です。また、講座卒業生には沖プロからの案件募集もあり、研修生として2か月の研修後沖プロに入るチャンスもあります。

Writing Hacksはオンライン講座なので、自分の好きな時間に講義動画を見て勉強するスタイルです。それだけではなく、受講中3回の添削を受けられます。沖さんが受講生ひとりひとりの課題を読んで、細かいダメ出しとその理由、改善提案まで書いてくれるうえに、毎回良いところをみつけて褒めることも忘れません。さすが、教育学部出身!
この添削を受けることで自分の欠点が分かり、その指摘されたことに気をつけて執筆するようになりました。

講座を受講しながら、クラウドソーシングで文字単価1.3円の案件に応募したところテストライティングに合格し受注することができました。専門家から添削を受けるとこんなに変わるんだと思った出来事です。

Writing Hacksの受講料は69,800円と、決して安くはありません。でも、それに見合う価値のある講座だと思います。文字単価の高い継続案件を受注できれば、2~3か月で回収できるでしょう。

まとめ

コロナ禍で変わっていく経済や社会のしくみ、働き方も変わっていきます。会社員というポジションがいつまで続くかもわかりません。今後状況がどう変化しても困らないよう、自分で稼ぐ力をつけておきたいものです。本業と並行してできる副業Webライター、稼げるライターになるためスキルアップしたいと思った方はWriting Hacksがおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました